メリット・デメリット

コンタクトレンズは、眼に直接装用しているので、ほぼ自分の眼で見るのと変わらない感覚でものを見ることができます。では、コンタクトレンズのメリットとデメリットは何なのかを紹介します。

コンタクトレンズのメリットとしてまず挙げられるのが、遠くのものの形や大きさが変わらずによく見えるということです。そして、メガネであれば厚いものを食べたり、温度差の激しい場所を行き来したときにメガネが曇ることがありますが、コンタクトレンズの場合にはその心配はありません。加えてメガネよりも広い視野でみられることもコンタクトレンズのメリットの一つです。ソフトレンズの場合では激しい運動でも問題ありませんが、メガネではどうしても気を使う必要があります。

また、その見た目の自然さもメリットといえるでしょう。デメリットとしては、瞳に直接触れるものなので扱いを間違えてしまえば大変危険である点です。そして、ランニングコストもかかってしまいます。メガネでは安価なものでは数千円程度でありずっと使い続けることができるのに対してコンタクトレンズでは定期的に購入する必要があります。さらに、ケアも必要となってくるのでその分の手間とコストがかかってしまいます。フォーチュンコンタクト